メニュー

膀胱の病気

膀胱炎

膀胱炎は比較的女性がなりやすい病気とされています。急性と慢性の膀胱炎があり、多くは細菌感染症です。治療は検査のうえ、原因菌をつきとめ、薬物による治療をおこないます。

膀胱がん

膀胱がんは、膀胱にできるがんで、自覚症状のない血尿が出た際に注意が必要です。腹部エコーや、膀胱鏡検査により発見されます。早期発見の場合は、内視鏡の手術が可能ですが、進行している場合は、膀胱の全摘出手術が必要になります。

過活動膀胱

頻尿、尿意切迫感、切迫性尿失禁を特徴とする疾患です。このために電車に乗れない、旅行に行けないなど日々の暮らしに直結します。行動療法、骨盤底筋体操、薬物による治療を行います。

神経因性膀胱

排尿障害を認めます。多くは糖尿病や脳疾患、脊椎疾患を有します。放置すると尿路感染症、腎機能障害を来します。薬物による治療や、自己導尿、尿道カテーテルの定期的な交換が必要となります。

膀胱結石

膀胱内にできる結石です。自然に石が出ない場合は、内視鏡による摘出術が必要となります。

間質性膀胱炎

蓄尿時痛を特徴とし、頻尿などの症状も伴います。膀胱鏡検査で特徴的な所見を認めます。薬物による治療や、内視鏡治療を行います。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME